産後の体の変化

悪露とは?

子宮と関連して産褥期に子宮や膣から分泌されるのが悪露です。

出産時には子宮壁の胎盤が剥がれたところや産道に傷がつきます。

悪露はここからの出血や子宮の脱落膜、リンパ液などが混じったもので、血液成分が主なものです。

これは子宮や膣の回復につれて変化するので、回復の目安にもなりますが、産後1日〜2日は通常の生理などより量が多いですが、次第に少なくなり色も赤から黄色と薄くなっていきます。

だいたい6週間前後は続きますが、産後1ヶ月には産後検診がありますので、心配なことがあれば先生にきいてみましょう。

産褥期(さんじょくき)とは

10ヶ月間もおなかに赤ちゃんがいたのですから、10ヶ月の妊婦生活で、体の様子も変わってしまうのです。

今まで大きかったおなかも少しずつ元に戻っていきますが、急に全てが妊娠前に戻るわけではありませんせん。

産後の体は、どのようにして元に戻っていくのでしょうか。

出産後の体が元に戻るまでの期間(6〜8週間)を産褥期(さんじょくき)といいます。


産褥期は、体内で赤ちゃんを育むために変わっていた体は、子宮の収縮などさまざまに変化していきます。

妊娠していない子宮の内側の長さは約7cm ですが、妊娠末期の子宮底長は30〜35cm 、容積にして1000倍以上にもなっていたのです。

分娩直後、子宮は球状に固く収縮しますが、まだ子宮底20cm ほどあります。ほぼ元の状態に回復するのは、4〜6週間後です。

子宮は収縮を繰返しながら戻るのですが、その課程で産後数日は痛みを感じることがあります。

これを後陣痛(こうじんつう)といいます。

後陣痛はおなかが痛くなったり、人によっては腰が痛くなる場合がありますので、入院中の場合には、看護婦さんに相談して薬をもらったりします。

edit