産後太りの原因

産後太りの原因−基礎代謝量の低下

その他の原因としては、基礎代謝量の低下があります。

妊娠中はお腹が大きくなるため、どうしても動作がゆっくりになりがちです。そのため体の各部分の筋肉が衰え、筋肉量の減少が起こります。

筋肉が減ると基礎代謝が低下してしまい、摂取したカロリーが消費されず脂肪として蓄積されてしまいます。

その結果カロリーを消費しにくい太りやすい体質になってしまうのです。

産後太りの原因−腹筋の伸び

腹筋の伸びも一つの原因で、妊娠によりお腹が大きくなると、腹筋が伸びたままの状態が長く続きます。

おおむね腹筋には内臓を守る働きがあるので、腹筋を伸びたままにしておくとその機能が発揮できないので、身体は皮下脂肪を蓄えて内蔵を守ろうとするのです。

そのため産後に下腹出てしまうことが多いのです。

産後太りの原因−骨盤の開き

産後太りの大きな原因の一つは妊娠ホルモンのひとつで、リラキシンというホルモンが分泌されからです。

骨盤の出口は一番広いところでも10cmほどしかなく、そのままでは赤ちゃんが通ることできません。

そこで、リラキシンは、骨盤や全身の靱帯をゆるめる働きをしてくれます。

そのおかげで出産時に骨盤が開き、赤ちゃんが無事に産道を通ることができるようになります。このようにリラキシンの作用で骨盤が開きやすくなりますが、おなかの中で赤ちゃんが育っていくと、腹筋や骨盤の周辺の筋肉が伸ばされてしまいます。

出産後もほうっておくと骨盤が開いたままになり、内臓を守るために皮下脂肪を蓄えることによって、産後太りの大きな原因となります。

edit