産後ダイエットと授乳

産後ダイエットと授乳

産後ダイエットが普通のダイエットと違うのは、まず、赤ちゃんがいて赤ちゃんに授乳するということです。

授乳中はカロリーだけでなくほとんどの栄養素が普段よりも多く必要になってきますので、良い母乳をあげるためには、食事の量を減らしてのダイエットは良くないです。

普通に食事をしていても、授乳は、かなりカロリーを消費しますが、その量は、1日およそ600から800kcalといわれています。これはプールで平泳ぎを1時間続けるのと同じくらいの消費量です。

よく赤ちゃんに授乳した後、お腹がすくといいますが当然のことですし、授乳でエネルギーがかなり使われますので食べても太るどころか痩せてしまうこともありますね。


つまり、授乳期に無理なダイエットをすると、お母さんの体に悪い影響があるばかりか、赤ちゃんの成長に悪影響を与えることにもなってしまいます。

この時期のダイエットは、医師のアドバイスのもとに行い、また、授乳はお母さんにはストレスにもなりがちなので、カルシウム、鉄分などを摂るよしましょう。

ただ、この時期に、お腹いっぱい食べる癖をつけてしまうと産後太りになりやすくなりますので注意しましょう。


授乳でやせる?

良くある話として、授乳により体重が元に戻るという事例も多くあります。

実際、あるアンケート調査によれば、母乳で育てているママさんの約半数は授乳による体重減少を実感しているようです。

母乳で育てられているママさんは、あまりあわてずに、数ヶ月待ってみるのも良いかもしれません。

逆に、母乳でないママさんは、太り始めたら早めに産後ダイエットを始めたほうがいいと思います。

edit