ダイエット−全般的な注意点

産後ダイエットで避けた方がいいダイエット方法

通常のダイエットが主に体重を減らすことが目的ですが、産後ダイエットの目的は、体型の改良と同時に体重を削減させることです。

産後ダイエットをこれから行う体は、骨盤は開いていて、妊娠・出産によって腹筋も弛んでいますので、恥骨・仙骨周辺に力を入れるような運動、開脚などのストレッチ運動が取り入れてあるダイエット法はやめた方がいいでしょう。

重い荷物を持つなどの行為も恥骨・仙骨に力が入りますので避けてくてください。


また、授乳中でもあるため、食事制限などによるダイエットも避けたほうが良いでしょう。

まずは、赤ちゃんの健康を考え、栄養のバランスを考えることによって、母乳の出具合によっても違いますので、3度の食事以外の間食に気をつけましょう。

また、毎日の体重管理を行う事で、ある程度産後太りを防止することは出来ます。

カロリーコントロールをしながら行う必要があるため、かなりの覚悟が必要ですが、低カロリーで母乳の出に有利な食品で、母体の筋肉や血液を作るの有効な食材に気をつけながら産後ダイエットをしていくといいでしょう。

急激に激しい運動を行うことは避けましょう

産後のダイエットを行うときの注意ですが、急激に激しい運動を行うことは避けたほうがいいでしょう。

産後の疲労によって抵抗力の低下や身体が正常ではないので、急激に運動を行うとさまざまな疾患へとつながります。

まずは、複式呼吸や胸式呼吸などを始め、1週間程度経って調子が良いよければ産後ダイエットなどを始めましょう。

また、ダイエットといっても、軽い運動から始めるのが良いでしょう。

身体の様子を見ながら少しずつ運動量を増やし、骨盤ダイエットなども始めると良いようです。

edit