産褥体操

産褥体操の効果・注意点

産褥体操は、自然分娩の人は産後体操を1 日目からベッドの中で軽く行える内容です。

産後体操は、あまり疲れを感じない何気ない体操ばかりなのでこんな体操で効果あるのか疑問に感じることもあるでしょう。


産褥体操の効果としては、以下のようなことがあげられます。


・妊娠や出産によって緩んでしまった筋肉や皮膚をもとに戻す

・悪露の排泄を良くするため子宮の回復を助ける

・お産の疲れをとり便秘やストレスを取り除いてくれる

・母乳の出を良くする

・姿勢を正し太りすぎを予防してくれる

・ダイエット

などがあります。


産褥体操するときは、必ずマイペースで取り組み、疲れたり体調が悪いときはやめましょう。

また産褥体操の回数は無理をせず、 何かあったらすぐにでも医師に相談しましょう。

帝王切開をした人は必ず医師の許可を受けてから、産褥体操にチャレンジしてください。

産褥体操とは

産褥体操は、妊娠、出産でゆるんだ腹壁や筋肉を引き締め、全身の血行をよくして産後の回復を早める運動です。

お産したあとに行う体操ですが、体操だからといって体を右に左に激しく動かすようなものではないのです。少しずつ体力の回復を手伝ったり、妊娠中にほとんど運動と呼べる運動をしていなかった体の、筋肉やたるんだ皮膚をこの産褥体操で回復させましょう。

産褥(さんじょく)体操は、子宮の回復をうながし、全身の血行をよくするためにも積極的に行いましょう。

おっぱいの分泌を促し悪露の排泄を早める効果もあります。ほとんどの病院で、産褥体操を指導してくれますので、退院後は、積極的に実行するといいでしょう。

帝王切開の場合は、正常分娩より1週間ぐらい遅いペースになりますが、退院時に医師の許可を受けてから始めましょう。

edit