産褥リフォームの選び方

1カ月目の産褥リフォーム

出産後1カ月からしっかりしたリフォームガードルがいいでしょう。

今までの下着に慣れてきたら、もう少ししっかりしたリフォームガードルを選びましょう。

やはり太ももまでしっかり引き締めてくれるロングタイプがいいでしょう。

1〜2週間目の産褥リフォーム

出産後1〜2週間目からリフォームショーツやシェイプアップ効果のあるリフォームガードルがおすすめです。

リフォームショーツとは少しシェイプアップ効果のあるガードルです。

ガードルよりもソフトな感じなのでつけた感じも気持ちいいと思います。リフォームガードルもシェイプアップ効果のあるものを選びましょう。

また、おなかの引き締め、ヒップアップ効果もあり、また贅肉がもっともつきやすい太ももまで、引き締めることができるロングタイプにするといいです。

2、3日目の産褥リフォーム

産後2、3日目からリフォームベルトやニッパーがおすすめです。

産後すぐのリフォームベルトは、前のウエストに戻すために着用するものです。

シェイプ感があって子宮回復をさせながらたるみを防ぐリフォームベルトを選びましょう。

ニッパーは、ロングタイプだと、ボーンが入っているものが多いのでこの時期に選ぶタイプのニッパーは、足からはるような短いタイプにしましょう。

産褥リフォームの選び方

産褥リフォームは、引き締めたい部分はしっかり、でもつけ心地は具合のいいものを選びましょう。

出産後すぐの体型は、まだ脂肪がたくさん付いていますので、妊娠前のサイズではまず無理だと思います。

一般的にも出産後1〜2週間は妊娠5ヶ月の体型だそうです。

約一ヶ月で妊娠前に戻るといわれています。出産までに体重が8kg以上増えてしまった人は、妊娠前のワンサイズ上を選ぶほうがいいと思います。

誰でも早く引き締めたいという気持ちがありますので、小さめのサイズを選ぶ人もいますが、出産後すぐは必要ない人も多く、自分のサイズに合ったものを選ぶことが一番のシェイプアップの近道なのです。

edit