ストレッチ

お腹を引き締めるストレッチ

特にウエストや太ももの余分な体脂肪が気になると思いますが、ここで、お腹を引き締めるダイエットストレッチをご紹介します。


まず、仰向けに寝ます手を組んで後頭部の後に当て、両足を揃えます。

息を吸いながら右足を胸の方に引きつけるように曲げひじを締めて頭を浮かせます。

頭を浮かせたまま、状態をねじるようにして、右膝と左ひじをつけます。

息を吐きながら、左ひじをぎゅっと締め、もう一つの脚を浮かせたまま、呼吸を止めずにそのポーズを30秒間キープします息を吸いながら、ゆっくり体と足を戻し、全身の力を抜きます。

反対側も同様に行い、やりにくい方をもう一度行います。


毎日続けることで代謝をあげ、痩せやすい体をつくることができますので、試してみてください。

ストレッチの効果

ストレッチをできるだけ毎日続けて基礎代謝をあげることで、痩せやすい体になっていきます。

筋肉は使わないと萎縮し、硬くなっていってしまいます。また、同じ姿勢を長く続けると筋肉がこわばって血液の流れも悪くなります。

筋肉が萎縮し、減少すれば基礎代謝が下がり、血液の循環が滞れば筋肉への栄養や酸素の供給が減ってしまいます。

このようなことが原因で、太りやすい体質になっていってしまうのです。

ストレッチをして、筋肉を柔らかく保つことは、血行を良くし、基礎代謝を上げ、肥満の予防となります。

ここで、大切なことは、ストレッチは無理をせずマイペースで毎日行なうことです。

ストレッチをするときには、どこの筋肉を伸ばすのかを意識しながら、また、一部分に偏らないよう全身を伸ばしてあげましょう!

ダイエットストレッチの種類は、いろいろありますので、自分に合ったダイエットストレッチを探してみてください。

edit