有酸素運動

有酸素運動の体脂肪燃焼効果

有酸素運動による体脂肪燃焼効果

有酸素運動は、体に蓄積されている脂肪分を直接燃焼させる効果があるとされています。

私たちは有酸素運動をする中で、カロリーを消費します。そしてその消費されるカロリーは以下の順番で消費されるようになっています。

1、血中(筋肉中)に含まれている糖質をエネルギーに換える(運動開始から約20分間)

2、脂肪細胞を分解してそれをエネルギーにかえる(運動開始から約20分経過後)


つまり、有酸素運動は、20分以上経過してさらに運動が持続している状態であると、体がエネルギー不足に陥り、体内に蓄積されている脂肪(脂質)を分解してエネルギーに変換します(1gあたり9kcal)。

これにより有酸素運動を20分以上続けるとダイエット効果(脂肪分解効果)があるといわれています。


しかし、有酸素運動は20分すれば良いというのではなく、20分までは単なる血中(筋肉中)に含まれている糖質の分解で、それプラスアルファの運動部分が脂肪の燃焼効果を生み出すわけです。

ですから、ダイエット効果を期待する場合の有酸素運動については、最低でも40分程度はするようにしましょう。

有酸素運動を行うエクセサイズとしては、ジョギングや水泳が代表的ですが、ウォーキングでも良いです。

エクササイズ リフォームインナー ウエストニッパー 安い通販ショップ 優良リンク集

有酸素運動の基礎代謝アップ効果

マラソンやジョギング、水泳などの有酸素運動には、大きく二つのダイエット効果があります。

まずは、有酸素運動を通じた肺や横隔膜などの心肺機能の筋力向上による基礎代謝アップ効果です。

有酸素運動を行うと、肺や横隔膜などを大きく刺激する効果があり、この刺激により心肺機能の筋力がアップします。

私たちは生命維持活動をする上で心肺機能を24時間利用していますので、これらの機能が向上することにより、基礎代謝をあげることができます。

edit