低インシュリンダイエット

インシュリンの働き

体脂肪増加の要因は、脂肪合成量が脂肪分解量より多いことで発生します。

そして、この脂肪の合成と分解のバランスを整えるホルモンをインシュリンといいます。

インシュリンは、血液中の血糖を筋肉や肝臓などに蓄えてエネルギー化しようとします。そしてあまった血糖が脂肪細胞に吸収され体脂肪として蓄積されていきます。

また、同時にインシュリンが分泌されると、その脂肪細胞の中で脂肪の分解を抑制するというダイエットに反する作用もあるとされます。

ごはんやパン、麺類、甘いものなどの炭水化物は、脂質よりも内臓脂肪になりやすい物質です。

炭水化物は体内でブドウ糖になって吸収されます。血中の糖が増加して、すい臓からインシュリンというホルモンが分泌され、糖をエネルギーにします。

炭水化物には、ゆっくりと糖質に変わるものと、急激に血糖値を上げるものがあります。血糖値が上がるとインシュリンが、脂肪を蓄える働きのあるホルモンの働きを活発化させます。

これが続くと脂肪をためやすい体になってしまうのです。

エネルギーとして使われなかった余分な糖は、内臓脂肪や皮下脂肪となってしまうのです。

低インシュリンダイエットとは

低インシュリンダイエットは、脂肪細胞内に脂肪を蓄積させないように、インシュリンの分泌を抑制するダイエット法です。

低インシュリンダイエットは、極端にカロリーを減らす必要はありません。

また、食事量も減らす必要がないので基礎代謝を落としにくいダイエット法です。


低インシュリンダイエットでは、GI値の低い食品を高い食品に変わって摂取する事により、血糖値の上昇をゆるやかにし、体内でのインシュリンの分泌を押さえ、かつ血糖値の上昇をゆるやかにすることです。
その間にエネルギーを消費させることで、エネルギーの吸収を抑制するというものです。

GI値とは(GI値と低インシュリンダイエット)ブドウ糖を摂取した時の血糖値上昇度1を00とした指標のことです。このGI値が低い食品を摂取した場合、体内の血糖値の上昇がゆるやかになるのです。


低インシュリンダイエットは、食事だけで簡単に続ける事ができるダイエット法ですが、低GI値の食品を摂取する事で血糖値の上昇を抑えても、カロリーの摂取量自体は変わりません。

体がエネルギーを吸収しにくい状態ではありますが、カロリーを消費する運動も必要なダイエット法なのです。

edit