抜け毛の悩み

産後の抜け毛の治療法

産後の抜け毛は、産後3ヶ月〜6ヶ月の間に起きる現象で、急に抜け毛が増えるため不安になる女性が多いですが、通常は時間が経てば自然におさまるで、過度な心配をしないようにしましょう。

一般的には、一時的な抜け毛ですので、無用なストレスを溜めないことが、一番の治療法だと思います。

抜け毛を気にしすぎると、それがストレスになり、さらに抜け毛を増やすことになりかねないので、気になる場合は、産婦人科または頭髪治療専門病院で相談した方がいいでしょう。
最近では、無料でメール相談をしてくれるクリニックもありますので、うまく利用しましょう。

なるべく気にしないようにするのが一番です。

分娩後脱毛症とは?

出産に伴うホルモンバランスの影響で、抜け毛に関する変化を感じる方は、妊娠中、産後で約60%ぐらいいるというデータがあります。

また、妊娠をきっかけに髪質が極端に変化するという悩みが急増していて、抜け毛のほかには、髪の毛のパサツキ・白髪・フケ・痒みなどの症状がみられる場合もあるようです。

生活習慣などにより、妊娠前から、細毛・薄毛・白髪などある人は、産後のトラブルが加速する傾向にありるようです。


産後の抜け毛は、分娩後脱毛症と呼ばれる抜け毛の症状です。

妊娠中、お腹の子供に栄養を取られ、妊娠後期にはエストロゲンなどの女性ホルモンによって成長期を維持してきた頭髪が、出産後に休止期に入ります。

そのため、出産後に抜け毛が多くなり、髪が薄くなってしまいます。エストロゲンとは卵胞ホルモンとも呼ばれ、排卵の準備を行うホルモンのことです。

このように産後の抜け毛は、ホルモンバランスに密接に関係しております。

edit