うつ病の悩み

産後うつ病の原因と対策

産後うつ病は、日常生活のストレスとの関わりが深いと考えられていますが、中でもまじめで完ぺき主義の性格がある人はストレスが溜まりやすく、うつ病になりやすいといわれています。

出産という特殊な環境により、今まで使ったことのないような力を使い体力的にも大きな負担がかかっていますし、また、母親としてのプレッシャーも、大きな負担になっているかもしれません。

孤独感や不安などのストレスが重なり、感情が不安定になるのです。


対策としては、出産後は、育児や家事で大変ですが、悩む必要はありませんので、少しでもリフレッシュできる環境を作ってください。

そして、はじめから育児に対して、他人にどう思われるかなど気にせずマイペースの生活を心がけてください。

もしなってしまった場合には、不安になるかもしれませんが、治せる薬もありますし、病院でお医者さんに相談すればいいことなので、安心してください。


産後3週間を過ぎても、おかしいなと感じたら、少しでも早く医療機関に相談しましょう。

うつ病の相談に掛かる医療機関は精神科、神経科、心療内科、メンタルクリニックが挙げられますが 、精神科等に通うことに抵抗があり、なかなか踏み切れない方もいるようですが、放っておくと慢性化しやすく再発しやすいとされているので、少しでも早く医療機関に相談することをおすすめします。

産後うつ病とは?

産後の女性の10〜15%が、産後うつ病であるというデータもあります。

主な症状としては、情緒の不安定で、不眠や食欲不振、軽いウツ状態になるなどで、マタニティブルーと呼ばれたりしています。すべてを自分一人に抱え込んだり、悩んだりすると情緒不安定となりマタニティブルーになりやすくなります。

うつ病は、ガンや高血圧などと同じように脳の(体の)病気ですから、抗うつ剤を飲んで治していく場合が多いようです。

edit